人間関係でも、押し売りであったり見せかけの関係なんていうのがありますね。
そういうのは、仕事の関係であり、信用の関係ですよ。
単純に利用しているのであって、利用価値が無くなれば、それで関係も終わりですよ。
まさに、金の切れ目が縁の切れ目というやつですね。
しかし、本物の絆が欲しいなら、怖いけれども無条件に信頼しするしか無いわけですよ。
今日の読書では、再び勇気という言葉が出てきた。

これは、明日の内容ではあるのだが、恋愛とか友人関係っていうのは腹の探り合いというか溜め試合みたいな処がありますよね。
最初に出逢った時に面接をして、それが合格ならば、採用して付き合い結婚なり親友になるという形で出世するんですね。
しかし、何処かで継続困難な事があれば、即刻解雇してしまうんですよね。
今であれば、連絡先を変えるというか連絡を絶つ事が、そのまま絶交になりますね。

  • 入間郡越生町の切手買取
  • 八潮市の切手買取
  • 加須市の切手買取
  • 北本市の切手買取
  • 北葛飾郡杉戸町の切手買取
  • だから、基本的に最初から出逢ったばかりの何処の馬の骨とも分からない人に全幅の信頼を置く人なんていないわけですよね。
    今回は、教育について議論しているわけですが、その柱になるのが自立ですね。
    この自立の為には、相手を尊重しないといけない。
    尊重するという事は、信頼をするという事でもある。
    人って、環境を選ぶ事なんて出来ない。
    だから、たらればも言いたくなるってもんですわね。