「想定外」と「想定内」をどう考えるか、どう線引きするか・・
あらゆる事故に際しては大変デリケートな事柄であって、
突き詰めれば突き詰めるほど本来難しい定義。

とりわけ自然や気象が背景要素に大きく関わる場合、尚更である。
尚更であるからこそ、より慎重性を要するという絶対的な概念の一方で、
各々の分野の重要性やあり方とどのようにバランスが取られているか、取るべきか・・

そこを立体的に考察するべきだろうし、そうでなければその分野の安全スキルの発展は勿論、
産業や取り巻く文化的側面、関連する様々な事柄を、不適切な形で縮小や消滅へ
追い込んでしまう危険性を孕んでいるからだ。

  • ぱそこん屋【岡山県浅口郡里庄町大字新庄575】 中古パソコン パソコン
  • ワイ・ツー・ケイ・ナカニシ【岡山県新見市高尾2476】 中古パソコン パソコン
  • 株式会社アムズ【岡山県美作市楢原上924-6】 中古パソコン パソコン
  • BB・SPOT与那原店【沖縄県島尻郡与那原町字与那原1-3】 中古パソコン パソコン
  • PC-KOZA【沖縄県沖縄市住吉1丁目4-19-1F】 中古パソコン パソコン
  • 「想定内外」について真っ先に思い浮かぶのは、先の原発事故だろう。
    これに関しては、一度の事故による影響が空前のスケールに及ぶために、
    様々な現存分野を考えた時、おそらくは1~2を争うほど厳格に厳格を重ねていないと
    ならないのは至極当然である。

    にもかかわらず、蓋を開けてみると実態は、信じられないほど杜撰であったわけで、
    それ以上には、事前に危険性についての指摘があったにもかかわらず、
    その懸念はないとして対策を怠ったという明確な『瑕疵・怠慢』があったゆえに、
    「想定外だった」とすることが受容されないのは周知の通りだ。