真っ先に浮かぶべくは【楽曲の譜面】。
実態の隅々を把握するのは難しいが、これも発行した出版側は著作権料を経たものを刊行、
それを用いて学習しているとすれば、権料は販売価格に反映されていて然るべきなので、
使用現場から更に徴収するとなれば『二重取り』になってしまう。

というわけで、このような実態からして学習現場からの徴収は無理筋と言えるし、
何よりそのような著作権者を保護することに邁進し過ぎたアンバランスな有り様は、
音楽市場そのものに対して悪影響を及ぼす・・という最も根源的な問題なのは言うに及ばず。

とりわけ学習行為に特化するならば、「豊かな音楽教育・文化の繁栄」という、
マーケット全体に対する影響云々以前にある、実に純粋な理念を腐食させてしまう・・
ということはもういい加減言われ続けているにもかかわらず、何故こうも固執し
更なる拡大をせんとするのか・・それはもうひとえに「利権」しか
理由が見当たらなくなるのであり。

余談ではあるが、かつて音楽ビジネスに身を置いていた時・・。

アーティストプロモーションの手段として、シングル楽曲を吹き込んだカセットテープを
数多く複製、流してくれそうな店を夜な夜な探し回り続けた・・なんてことをしていたが。
これは正当な手段としてレコードメーカーのプロモーター自身も行っていた行為で、
共闘という形で人海戦術を取っていたのだけども・・

無論「無断複製は固く禁ずる・・」の文言を含んではいるが、実情としては
既に原本ではない「仮製品」を手広く配布、しかも店内で再生するということは
「広範に対し聴かせる行為」であるために、著作権法上では上記のように
徴収対象になってもおかしくはない。しかも、その時点だけを切り取れば
それは非営利行為であっても、その手段によって本製品を購入してもらおうとすることに
目的がある以上、それは間接的な利益目的行為・・となる。