ここ数年、一応横浜Fマリノスのファンでいたつもりではあるが、正直クラブに対してどんどん興味が薄れていくのを感じていた。
監督起用についてはもう何年も前から不満しかなかった。
失敗したはずの早野氏を復帰させたり、クラブのレジェンド、木村和司氏を、優勝こそなかったものの落ち込んでいたクラブ成績を立て直しつつあった段階で首を切るし。
そしてモンバエルツ。正直何がいいのかわからない。

昨シーズンの途中で「モンバエルツって何がいいの?」と日記を書こうと思っていたのだが、選手からもサポーターからも支持されていなかったということが最近の記事で明らかになった。やっぱりな、という感じである。

モンバエルツの最初の年だったと思うが、俊輔がやっと怪我から復帰しても使おうとしなかった。使っても最初は確かボランチだった。
ボランチも中町、富沢のコンビから喜田、三門のコンビへ変更。若返りを図ったのかと思いきや三門選手は実は中町選手と1歳しか違わない。富沢選手が移籍した後に結局三門選手の代わりに中町選手を起用する布陣に変更。
一番頓珍漢なのは若返りをするのであれば富樫選手をもっと起用するべきなのに若手の芽を摘むかのように全く使えないカイケ選手を獲得してスターターで使い続ける矛盾。

昨シーズンは結局攻撃は俊輔がいれば俊輔頼み。いなければ斎藤学の個人技頼み。チームの戦術は皆無。あんなサッカーだったら誰でも監督ができる。