米兵が基地内に住んでないにしても、米軍は規律を守らせねばならない。女性への暴行事件を起こした米兵も、グアムへ移動途中でホテルに宿泊。敢えて沖縄で犯行に及んだのは、日米地位協定を踏まえて、日本なら裁かれないと思ったからか。重大に受けとめるとしながらも、舌の根が乾かないうちの不祥事だよね。

米国大統領や米軍司令官は、この事実にどう落とし前を付けるか。酔って暴れた米兵を処分すれば、済まされるという問題じゃない。外出禁止令を約束しても、徹底するだけの統治能力がなきゃ、日米安保条約も空念仏ということになる。沖縄は守られることもなく衆人環視の餌食、日本政府は国民の生命安全をどう捉えるか。

読谷村は嘉手納基地に隣接してるから、米兵を対象とした飲食店も多く、双方の要求で従来を踏襲した側面もあるかも。ほとんどの米兵はルールを守り、沖縄県民と友好に接してるなら、日米地位協定を廃しても不都合はないだろう。米国が設定した人種差別の厚い壁を、新しい世紀になってもどうして打ち砕かないのか。