消費増税の判断を、本気で改革と信じてるか。それならきちんと説明できるか。手前味噌でなく言葉遊びでなく、行政改革の成果を例示できるか。民主党の主張とは裏腹に、国民の目には官僚に飼い馴らされた傀儡にしか映らず、野田政権は官僚の指示に従ったことで満足したとしか。私だけでなく民意、これに反論できるか。

鳩山氏や小沢氏の追放も、日本人の感性にはそぐわない。陸山会裁判で小沢氏攻撃の急先鋒は、対立する自民党でなく、トロイカと呼ばれた菅前総理。野田総理も聞く耳持たない対応で、意図的に分裂を招いた印象。それを純化と呼ぶようじゃ、社民や共産と同じレベル、とてもじゃないが二大政党など担えない。

国民が民主党に何を期待したか、どこでどう裏切ったか。気付かなきゃ先はない。維新も未来も選挙戦での失敗、敵失で議席を稼いだのは自民党だけじゃない。自民党が議席数ほどの信任を得てないなら、参院選でどこが勝つかも不透明。学者さんじゃないなら、スピーディな決断と行動、前提になるのが事実を直視する眼。