婚姻を禁止された兵士を導いて、秘密裡に結婚させたのが聖バレンタインとか。捕らえられ処刑されたのが2月14日、実在が明らかでないのでカソリックでは正式の祝日とされてないようだが、そんなことは構わない、恋人たちが愛を語り合う日として世界中に定着。女性が男性に告白し、チョコレートを贈るのは日本だけみたいけどね。

私が子供の頃には流行ってなかったから、高度経済成長期に浸透した習慣だろうね。そもそもチョコレートなんて洒落たお菓子、子供の頃にはお坊ちゃまとお嬢さましか縁がない。私ら下々の餓鬼は駄菓子が精一杯、明治や森永の板チョコを食べられるようになったのは高校生くらいかも。メリーとかモロゾフとかの高級チョコはその後だったよね。

近頃はチョコレートだけじゃなく、ネクタイから腕時計まで、百貨店の催事場を覗けば商魂が溢れてる。チョコレートも国産よりゴディバとかベルギーが本場って、目の玉が飛び出るような価格で普通に売られてる。市販のチョコレートもたくさん売れて、これは手作りにするための素材、裏にはレシピまで印刷されてるのが当世風らしいね。

私は甘党だから、毎年妻からメリーのチョコレートとモロゾフのウイスキーボンボン、だけど膵臓には悪いみたいで、去年の入院からチョコレートは食べてない。18日に検査があるから、その結果で医者にお伺いを立て、許されたら少しだけ食べてみたい。一番小さいメリーのチョコレートは買ってあるけど、そのまま妻に食べて貰うかもしれない。