日本の男子選手は羽生選手に無良選手がファイナル出場を目指して戦い 女子選手は浅田選手と宮原選手に注目したい 解説は織田信成さんと鈴木明子さんだ 羽生選手は次のオリンピックに向けて更に高い技術に挑戦し 浅田選手は1年の休養後大好きなフィギュアスケートの選手として復帰し やはり次のオリンピック出場を目指している。

2人とも既にメダリストだが10代の選手達が台頭してきており 20代選手として彼らに負けない様に自身の持てる力を最大限に発揮したいと思って居るが 後に続く選手達は少しでも近付きたいらしいし外国の選手達も同じ様な状況にある 今日は初めにペアのSPを見たが日本選手は出て居なかった 続いて男子のSPでは前半最終滑走の金選手が95点台を出した。

日本選手は後半の滑走者で結局羽生選手が106点台で1位に成り 2位が金選手で3位に無良選手が89点台で続いた 明日のフリーでどうなるか楽しみだ 女子選手は後半滑走者の初めに浅田選手だったがジャンプ2つにミスが有り60点台と振るわずヒックス選手・ワグナー選手に抜かれ 最終滑走の宮原選手がノーミスで1位になり 浅田選手は4位と出遅れてしまった。