朝の満員電車で女のコが前に来たらラッキータイム突入。
後ろ向きならいい匂いの髪の毛をクンカクンカ。
そしていい匂いで勃起したおティンティンがそのコのお尻の割れ目にいい感じでフィット。
前向きで向かい合ったらおっぱいがこちらの体に当たって大興奮。

満員電車でオヤジとくっつくと一日が憂鬱になるけど、女のコとくっつけると幸福感でいっぱいになります。
もちろん、それをわざとは一切しません。
あくまでも待ちの姿勢を崩しません。
女のコの方からこちらに来てくれるのを待ちます。

攻めたら痴漢だと思われるリスクが出てくるので、こちらからは行きません。
なので、ほとんどの場合はオヤジに囲まれて気持ち悪い通勤をする羽目になります。

しかし、たまには嬉しいことも。
今朝、電車に乗って立っていたら隣の女のコの横乳がボクの二の腕からひじにかけて当たって、その柔らかさが何とも言えずボクのティンポはボッキッキでした。
そのコはお友だちとお話ししているんだけど、ボクの二の腕やひじに横乳が当たっても特に避けるでもなくずっと当て続けてくれていました。
柔らかいおっぱいがほんと気持ちよく、感謝の気持ちでいっぱいでした。

最近周囲にオヤジばかりが来て鬱陶しかったんだけど、久々に通勤を楽しく感じることができた朝でした。
まぁ、欲を言えばその柔らかおっぱいを手のひらでもみしだきたかったですけどね。