子供は虫歯になりやすくて悩みますなんて聞くことがありますが、いえいえ、そんな子供だけなんてことはありませんよ。
児童の虫歯のなりやすさのファクターは「歯並び」と「唾液の量」「唾液の質」が着目点なのだとよく耳にします。
ふつう歯並びの悪い人の方が、歯並びのいい人に比べたら、歯の汚れが残りやすいので虫歯になりやすいそうです。唾液の量のことにおいては、唾液の量が少ないと、虫歯菌を唾液で洗浄する効果が薄くなるので、虫歯になりやすいとよく言われます。唾液の質については、ネバツキのある唾液の方が、さらっとした唾液に比べて、虫歯菌を唾液で洗う力が弱くなるので、虫歯になりやすいと言われます。

「歯並び・唾液の量と質」と虫歯のなりやすさの関わりが納得いただけたかと思いますが、そればかりに限らず、虫歯のなりやすさを決定づける要素はありますので、考えてみましょう。

鼻を患っていた際に、虫歯になりやすいとよく耳にします。それは、鼻が通らなくなると口で呼吸をしなければいけないため、口の中で唾液が乾燥し易い状況になってしまうからです。唾液が乾燥してしまうと、虫歯菌を洗い落す力が弱くなります。

もっと言うと、毎日の食生活においてもいくつかの虫歯になり易い要素の習慣があります。それは次のような項目となります。
・間食の量が多い場合
・コーラなどの炭酸飲料の摂取量が多い
・ジュースやスポーツドリンクの摂取量が多い
・甘い食べ物の摂取量が多い
糖質や炭酸は歯に悪影響を及ぼすのだそうです。

このように整理すると、今日からでもできる虫歯の予防方法がずいぶんハッキリと見えたような気がします。
・鼻で呼吸ができない状態であるならば、病院へ通って処置して貰うこと
・ことあるごとに水分補給をして口の中が乾かないように注意する
・間食は必要最低限の数だけにする
・おやつの種類はほとんど糖分をふくまない食べ物とする
・ジュースや炭酸飲料を飲むのではなくお茶や水に変える

そして虫歯菌を取り除く世界初の歯磨き粉ブリアンというのがオススメですので、朝夕の食事の後、ブリアンを使って歯磨きすることを加えると、高い確率で虫歯0本です。当然のことながら、ブリアンは食べても影響がない成分でてきているので、子供も何の心配もなく使えます。

虫歯菌除去する子供歯磨き粉茨城県