闇金嫌がらせを解決裁判所/長野地方・家庭裁判所総務課庶務係
昼も夜も借金返済のことで頭の中は満杯になっていることと推測します。普通に暮らしていても懐がさみしくて困っている人は多いものです。けれども、借金を借金で返済など繰り返してしまい、その結果闇金にまで手を出してしまったのでは、現に生きた心地さえもしないでしょう。
闇金の取り立ての大声であったり、返済を要求するTELがかかってきて、居留守を使っても何度も何度もかかってきたり、TELに出たとしても、死んで保険金で返済しろとまでと言われてみたり、テレビドラマを見ているようなおぞましい光景を思い浮かべますが、事実上ある実話なんですよね。
とは言っても、このような嫌がらせは違法なので、身の毛もよだつかもしれませんが言いなりになる必要が無いんですよ。初めから、設定されている利率自体が違法なのですから。とは言っても、たった一人で闇金業者に立ち向かうのは、相当な勇気と法律の詳しい知識が必要なので、シロウトには無理な話です。

しからばどのようにすればよいでしょうか?

それは、闇金問題の専門の弁護士や司法書士に、闇金業者の違法行為を止めてもらうよう助けを求めればよいのです。
ほんのわずかな勇気が必要ですが、司法書士や弁護士に電話をかければ良いのです。電話が繋がればチャンス、今、自分の借金の状況を詳細に話してください。メンツなんて全く気にする必要はありません。こんな感じです。
「闇金と思われるところから借金をしていて、ばか高い金利で支払いが間に合っていなくて、毎日のように、無慈悲な手段の取り立てに生きた心地がしません」
という風に、しっかりと伝えるだけでよいのです。電話の向こうの弁護士や司法書士は、あなたの意図を確実に読み取ってくれます。そして、明日からはウソのように取り立ての罵声が止みますよ。

夜逃げとか考えるのはやめてください。死のうなんて言語道断です、ヤメてください!あなたのやらねばならないことは、闇金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士に電話をすることなのです。記憶しておいてください。死ぬとか逃げるとかよりもずっと簡単です。知らない人と話をするといったちょっとの勇気が必要なだけです。想い返してください、借金した時、知らない会社に行って知らない人と話をしていますよね。それに比べたら、今やることは、あなたの追い風になってくれる人にTELするだけです。全然問題ないですよ。多少の勇気で昔見た明るい明日を是が非でも取り戻してください。