夫婦の中で、どちらとなく相手の行動が気になりだすきっかけがありますよね。何かにつけて出掛けてみたり、何かと理由を付けて車を使ってみたり、携帯電話を片時も離すことなく持っていたりと、いろいろ気になってしょうがないです。
一回気になってしまうと、ひょっとして浮気かもと、何一つ証拠もないのに頭の中がざわざわしてしまって、安穏とした日々を過ごすことが困難になります。このような状態は精神的に疲労してしまいますので、探偵社または興信所に浮気調査を託するのがいいです。

とは言っても、ここのところ、テレビが影響しているのか、探偵社もしくは興信所が乱立する傾向にあるのです。それによる問題点をあげれば、依頼者であるあなたに、想定外の金銭トラブルが多発するんです。その傾向は、地域の個人の探偵社や興信所に目立つようです。全国ネットで対応をする興信所ないしは探偵社では、現在のところそうしたトラブルを聞くことはありません。

かなり多いトラブルは、『成功報酬』を掲げている場合の報酬の意味が正確でないことです。
通常の時は、『成功報酬』というのは次の定義です。
1.費用は初回に合意し、その後減額増額はしない
2.証拠が取れなければ報酬も諸経費も¥0
3.証拠の品質が「裁判でも勝てる」レベルである時に報酬が発生

ところが、最近トラブルになっている興信所や探偵社の独自理論は次のとおりです。
1.尾行のみでも達成ならば、証拠が掴めなくても成功として料金を取る
2.調査の結果浮気が無いと判断したが、報告としては成立するので成功として料金を取る
3.費用が日々の積算になっており、どんどん加算されてゆく。

完全成功報酬というコピーで、まるで証拠が取れなければ料金がかからないという思い違いをさせて、実際のところあれこれと料金を積み上げる事がトラブルのキッカケになっているのです。

本サイトがお勧めする興信所ないしは探偵社は原一探偵事務所です。長年培った実績と信頼がイチオシの決め手になります。
嫁の浮気の証拠が欲しいA/相川保子調査室熊本本部・年中無休・お客様ご相談電話・受付センター