あごにニキビができてしまうと、それが小さくても人がどう思うか気になってしょうがないです。実はそれほど他人は意識はしていないんですが、とは言うもののニキビをさらすのが恥ずかしいですよね。

ニキビの始まりは毛穴に皮脂が溜まるためにできると言われます。
だけども、分泌する皮脂には、肌の表面の保湿であったり殺菌であったりとといった重要な役目を担っていますので、皮脂の分泌を止めるなんてあってはいけません。
そんなわけで皮脂が毛穴に留まるパターンを以降のようにまとめてみました。

1.思春期

思春期に達すると男性ホルモンの分泌量が急激に増ます。男性ホルモンは肌細胞に影響して皮脂分泌が普段よりも活発化します。ご覧のように皮脂分泌量が急激に大量になることで毛穴が目詰りする場合です。二十歳前後になるとホルモンバランスが正しい状態になりますので、正常な皮脂分泌状態が戻ってきます。

2.ホルモンバランスの崩れ

大人になると皮脂の分泌作用が変化するその要因が変動してきます。以下に記載するものが要因と考えられます。
・ストレス
ストレスがかかると受け取った時そのストレスを排除しようと抗ストレス作用を持ったホルモンが分泌されますが、このホルモンの刺激で男性ホルモンの分泌が促進するのです。慢性的ストレスであったり強いストレスを受けることにより男性ホルモンの過剰な分泌を引き起こし、過剰な皮脂分泌になる場合です。
・深い睡眠がとれない、睡眠不足
睡眠がとれないことで生じる心身の緊張状態が、交感神経を優位にします。交感神経には男性ホルモンの分泌を促す働きがありますので、それがもとで過剰な皮脂分泌となる場合です。

3.栄養バランスの悪い食事の摂取

食事の内容は皮脂分泌に大きく左右してきます。「動物性脂肪や糖質の取り過ぎ」てしまうと直接皮脂分泌量にかかわりますし、「急速に血糖値が上がるものを食べる」と分泌されるインシュリンが男性ホルモン分泌を活性化しますし、「ビタミン類の不足」により皮脂分泌がコントロール不能状態になります。

4.間違ったスキンケア

クレンジングか洗顔の時に不必要にふき取ると無くてならない皮脂までもがはがれてしまいます。その結果肌を守ることができなくなるため、自ら角質部分が厚くなってしまいます。加えて角質での保湿が足りない場合は、肌の再生周期であるターンオーバーが乱れ、肌が固くなる場合です。

規則正しい生活習慣を送ることと正しいスキンケアを継続することで、ニキビがだいぶ防げます。

間違いのないスキンケアには有効成分を盛り込まれた美容液を使うことをお薦めします。単なるスキンケアではなくてニキビ痕ケアもニキビ予防ケアも押し通すならニキビケアにベルブランが絶対にイイとお薦めします。使った人たちの満足度とリピート率の高さが効果の信頼程度を表現しています。
シミを消すニキビ痕のお手入れニキビ 膿 跡 豊島区