3月の送別会、4月の歓迎会、年明けの新年会、年末の忘年会、等々人が集まる場面は多いですね。

それまでは居酒屋と言えばフランチャイズチェーンのお店に行くのが殆どでした。

なぜかと言うと、自営業の飲み屋では調理されるお料理はどうなのか、接客はいいのか、店の居住まいはどうなのか、どんな席に座らされるのか、などの準備段階で入手できる情報が乏しかったのです。

そういうわけで、だいたいどのお店であっても同じようなレベルの味の料理、ある一定基準かそれより上のテーブル間隔、接客サービス、店構え、など、実際は大きく変わることはないですが、ランチャイズチェーンを利用することがほとんどだったのです。

けれども、インターネットの出現、もっと言えばクチコミサイトの登場で状況は目まぐるしく変化しました。

食べログとかホットペッパーとかぐるなびとかのクチコミサイトを見れば、個人営業の店であろうがなんとなく店の様子がつかめるという便利な時代に変貌したのです。

そうなると一定の安心感が最大の自慢だったフランチャイズのチェーン店たちは苦境に陥ります。

当たり前ですがフランチャイズの利点が消失わけではないですけが。

おいしそうな食材を大量に買入れて格安で提供してくれますし、「ぼったくり」なんてまず考えられないですしね。

とは言っても、例えば誰か知り合いや彼女を初めて連れていくときに、フランチャイズチェーンのお店に連れて行くのと、評価の高いお店を紹介するのとでは、どちらがオシャレかは明白です。

つまりこれからはフランチャイズチェーンと個人が経営する店とを巧みに使い分ける時期なのだと思います。

さらに加えて、居酒屋で飲むのであればできれば予約して行くようにしましょう。

どうしてかと言うと、今のご時世いろいろなポイントサービスが付加していて、例えばホットペッパーならリクルートポイントが付与されます。

このポイントが結構バカにできなくて、一人あたり10ポイントもつくんです。

しかも加算されたポイントは後々お食事券の購入にも使えるんです。

特典は店ごとに特徴があり、予約してくれた方へのサービスって結構多いんですよね。

以上を心に留めると、ここから先は気になる個人店、人気のあるお店、をネットで十分に調べて、さらに加えて予約してから行く、というのがトレンドなのでしょう。

東京でオススメ居酒屋を予約したいやきとりのほっと屋 日本橋室町店