寝ても覚めても借金返済のことで頭の中が満杯になっていることと推察します。普通に生きていても資金難で困っている人は結構いるはずです。しかしながら、借金に借金を重ねてしまい、最後に闇金にまで手を出してしまったのでは、まさに生きた心地すらしないでしょう。
闇金業者による取り立ての大音声であったり、返済を促す電話がかかってきて、居留守を使っても間髪入れず何度もかかってきたり、電話に出たら今度は、死ねば保険金でるからそれで払えと言われてみたり、テレビドラマを見ているような悲惨な光景を思い浮かべますが、現実にある実話なんですよね。
とは言っても、こんな嫌がらせは違法なので、恐ろしいかもしれませんが言いなりになる必要が無いんですよ。初めから、設定されている金利自体が違法なのですから。かと言って、たった一人で闇金業者に面と向かうのは、結構な勇気と専門的な知識が必要なので、普通の人は無理な話です。

だったらどうすればよいでしょうか?

それは、闇金問題のプロフェッショナルの弁護士や司法書士に、闇金業者の違法行為を止めてもらうよう要請すればよいのです。
ほんのわずかな勇気がいりますが、弁護士や司法書士に電話をかければ良いのです。電話が繋がればしめたもの、今、自分の闇金との状態を詳細に話してください。メンツなんて全く気にする必要はありません。こんな感じです。
「闇金と思われるところから借金をしていて、非常に高い利息で支払いが間に合っていなくて、毎日のように、非人道的な手段の取り立てに悩まされています」
という感じで、確実に伝えるだけでよいのです。電話の向こうの司法書士や弁護士は、あなたの意図をしっかりと呑み込んでくれます。そして、明日になるとウソのように取り立てが止みますよ。

夜逃げするなんて考えるのはやめてください。死のうなんて絶対禁止です、ヤメてください!あなたがやらねばならないことは、闇金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士に電話をすることなのです。記憶しておいてください。死ぬとか逃げるとかよりもはるかにハードル低いです。知らない人と話をするというちょっとした勇気だけが必要なだけです。想い出してください、借金した時なんか、知らない会社に行って知らない人と話をしていますよね。それに比べたら、今しようとすることは、あなたの追い風になってくれる人に電話をするだけです。全然問題ないですよ。いくばくかの勇気で昔見た明るい明日をぜひ取り戻してください。
闇金問題を解決奈良地方裁判所葛城支部/執行官室