子供たちが虫歯になりやすくて困惑していますなんて聞くことがありますが、実際には、そんな子供たちばかりじゃありませんよ。
児童の虫歯のなりやすさのファクターは「歯並び」と「唾液の量」「唾液の質」が着目点なのだと耳にします。
大抵歯並びの悪い人の方が、歯並びのいい人に比べたら、歯に汚れが溜まりやすいので虫歯になりやすいそうです。唾液の量に関しては、唾液が少ないと、虫歯菌を唾液で洗う効果が薄くなるので、虫歯になりやすいとよく耳にします。唾液の質に関しては、ネバツキのある唾液の方が、さらっとした唾液に比べて、虫歯菌を唾液で洗い落す力が弱くなるので、虫歯になりやすいとよく耳にします。

「歯並び・唾液の量および質」と虫歯のなりやすさの関連が納得いただけたかと思いますが、それ以外にも、虫歯のなり易さを決定づける要素はありますので、少し整理してみましょう。

鼻に病を持っていた際に、虫歯になりやすいとよく言われます。どうしてかと言うと鼻が通らなくなったら口で呼吸をしなければいけないため、口の中の水分が無くなり易い状態となるからです。唾液が乾燥してしまうと、虫歯菌を唾液で洗う力が弱くなります。

加えて、普段の食生活にあってもいくつかの虫歯になり安い因子の習慣があります。それは次のような項目になります。
・間食の量が多い場合
・ジュースやスポーツドリンクの摂取量が多い
・コーラなどの炭酸飲料の摂取量が多い
・甘い食べ物の摂取量が多い
糖質や炭酸は歯を弱くするのだそうです。

このように整理すると、容易にできる虫歯の予防方法がずいぶん見えたような気がします。
・鼻詰まりがひどいのであるのであれば、病院へ行って処置して貰うこと
・何度も気が付いた時に水分を取って口の中が乾燥しないように気をつける
・間食の数をできるだけ減らす
・おやつの種類は糖分がほんのちょっとだけの食べ物とする
・ジュースや炭酸飲料を飲むのではなく水やお茶に変える

尚且つ虫歯菌を除去する世界初の歯磨き粉ブリアンがおススメですので、食事の後は、ブリアンを使って歯磨きすると、多くのケースで虫歯になりません。分かり切ったことですが、ブリアンは食べても大丈夫な成分でてきているので、子供たちにも安心して使っていただけます。

子供の虫歯対策マツモトキヨシ/春日部東口店