4月の歓迎会、年末の忘年会、年明けの新年会、3月の送別会、等々人が集まる時と場合は多いですね。

ちょっと前までは居酒屋と言えばフランチャイズのチェーン店で飲むのが主流でした。

何故かと言うと、自営のお店では出される料理はおいしいのか、接客はいいのか、店の佇まいはどうなのか、どんな席に案内されるのか、などの準備段階で入手できる情報が乏しかったのです。

そんなわけで、おおむねどのお店に行っても同じような水準の味の料理、ある一定尺度かそれより上の接客サービス、テーブル間隔、店の雰囲気、など、実際は大きく変わるはずはないですが、ランチャイズチェーンを利用することが多かったのです。

しかし、インターネットの登場、さらに加えてクチコミサイトの登場で状況は急速に変化しました。

ぐるなびとか食べログとかホットペッパーとかのクチコミサイトをクリックすれば、個人が運営する店であろうがそれなりに店の様子がつかめるという便利な時代に突入したのです。

すると揺るがない安心感が唯一の売りだったフランチャイズチェーンは悲鳴を上げ始めます。

当たり前ですがフランチャイズの良さが全く消えたわけではないですけが。

鮮度の高い原材料を大量買い付けで格安で提供してくれますし、「ぼったくり」なんてまず考えにくいですしね。

ただし、誰か知り合いや彼女を初めて飲みに行くときに、フランチャイズのチェーン店で飲むのと、知る人ぞ知るお店に連れていくのとでは、どちらが洒落ているかは一目瞭然です。

つまりこれからはフランチャイズチェーンのお店と個人経営店とをうまく使い分ける時代なのだと思います。

付け加えるなら、居酒屋に行くのであればできる限り予約してから行きましょう。

何故かと問うに、このご時世いろいろなポイントサービスが発達していて、例えばホットペッパーならリクルートポイントが付与されます。

これが結構バカにできなくて、一人につき10ポイントも貯まるんです。

しかも加算されたポイントはまとめてお食事券の購入にも利用できるんです。

特典は店ごとに特徴があり、予約した人への特典ってかなり多いんですよね。

これらをまとめると、今からは気になる個人店、人気のあるお店、をネット上でしっかり調べて、なお且つ予約してから行く、というのが風潮でしょうね。

山形でオススメ居酒屋を予約したい和食全般