おでこにニキビができてしまうと、それが小さくても人の視線が気になってしまいます。実は思ったよりは他人は気にすらしていないんですが、だけどもニキビができた事実は恥ずかしいですよね。

ニキビの始まりは毛穴に皮脂が溜まるためにできると言われます。
しかしながら、分泌される皮脂には、肌のバリアであったり保湿であったりとといった重要な役目を持っていますので、皮脂の分泌を止めるなんてめっそうもありません。
その為皮脂が毛穴に停滞するパターンを以降に示すようにまとめてみました。

1.思春期

第二次性徴期を過ぎると男性ホルモンの分泌が急激に大量になります。。男性ホルモンは肌細胞に影響して皮脂分泌が普段よりも盛んになります。このようなわけで皮脂分泌量がものすごい勢いで増大することで毛穴が目づまりする場合です。二十歳前後になるとホルモンバランスが安定な状態になりますので、正常な皮脂分泌になります。

2.ホルモンバランスの崩れ

大人になると皮脂の分泌作用が変化するその要因が違ってきます。以下のものが要因と考えられます。
・ストレス
ストレスと感じた時、ストレスを除去しようと抗ストレス作用があるホルモンが分泌されますが、このホルモンの効果で男性ホルモンの分泌が促進するのです。慢性的ストレスであったり強いストレスを受けるということで男性ホルモンの過剰な分泌となり、過剰な皮脂分泌になる場合です。
・深い睡眠がとれない、睡眠不足
十分な睡眠時間がとれないことで生じる心身の緊張状態が、交感神経を優位にします。交感神経には男性ホルモンの分泌を促す効果がありますので、それが影響して過剰な皮脂分泌となる場合です。

3.栄養バランスの悪い食事の摂取

食事の内容は皮脂分泌に大きく左右してきます。「動物性脂肪や糖質の取り過ぎ」てしまうと直接皮脂分泌量に影響を及ぼしますし、「急速に血糖値が上がるものを食べる」ことで分泌されるインシュリンが男性ホルモン分泌を激しくしますし、「ビタミン類の不足」により皮脂分泌がコントロール不可能になります。

4.間違ったスキンケア

洗顔かクレンジングの時にオーバーにふき取ると必要な皮脂までもがはがれ落ちてしまいます。そうなると肌を守る機能が低下をするため、自然と角質部分が厚くなります。尚且つ角質での保湿が満足していない状態の場合は、肌の再生周期であるターンオーバーが乱れ、肌が固くなる場合です。

規則正しい生活習慣を継続することと間違いのないスキンケアを継続することで、ニキビがはなはだ予防できます。

正しいスキンケアには有効成分を盛り込んだ美容液を使うことをお薦めします。単なるスキンケアではなくてニキビ痕ケアもニキビ予防ケアも譲らないならニキビケアにベルブランが断然にイイとお勧めします。使った人たちの満足度とリピート率の高さがその効果の高さを表現しています。
ニキビ痕を消す 春日井市シミになったニキビ痕のお手入れ