いつも借金返済のことばかりで頭の中はいっぱいなんだと見て取れます。普通に人生を送っていてもお金が足りなくて困っている人はかなりいるはずです。なのに、借金にさらに借金を繰り返してしまい、最後に闇金にまで手を出してしまったのでは、現に生きた心地すらしないでしょう。
闇金業者による取り立ての大音量の叫び声であったり、返済を要求する電話がかかってきて、居留守を使っても何度も繰り返しかかってきたり、電話に出れば出たで、死んで保険金で払えとまでと言われてみたり、TVドラマさながらの悲惨な光景を思い浮かべますが、本当にある実話なんですよね。
さりとて、こんな迷惑行為は不法なので、恐怖を感じるかもしれませんが言いなりになる必要が無いんですよ。元々は、設定されている金利自体が違法なのですから。ただし、たった一人で闇金業者に真っ向から立ち向かうのは、特別な勇気と法律の詳しい知識が必要なので、一般人は無理な話です。

しからばどのようにすればよいでしょうか?

それは、闇金問題の道のプロの弁護士や司法書士に、闇金業者の違法行為を止めてもらうよう助けを求めればよいのです。
ごくわずかな勇気が必要ですが、弁護士や司法書士に電話をかければ良いのです。電話が繋がればしめたもの、今、自分の借金の状況をすべて話してください。世間体なんて全く気にする必要はありません。こんな感じです。
「闇金と思われるところから借金をしていて、高い金利で支払いが間に合っていなくて、毎日のように、無慈悲な手段の取り立てで夜も眠れません」
という意味合いで、しっかりと伝えるだけでよいのです。電話の向こうの司法書士や弁護士は、あなたの言わんとするところを確実に受け止めてくれます。そして、明日になるとウソのように取り立ての電話が止みますよ。

夜逃げするなんて考える必要ありません。死のうなんてもってのほかです、ヤメてください!あなたがやらなければならないことは、闇金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士に電話をして相談することなのです。覚えておいてください。死ぬとか逃げるとかよりもはるかに簡単です。知らない人と話をするといったちょっとの勇気だけが必要なだけです。想い浮かべてください、お金を借りた時には、知らない会社に行って知らない人と話をしていますよね。そのときに比べたら、今やろうとしていることは、あなたを助太刀してくれる人に電話をするだけです。全然問題ないですよ。いささかの勇気で昔見た明るい明日を絶対に取り戻してください。
松山地方裁判所/刑事部・裁判員係闇金法律解決