昼も夜も借金返済の事で頭の中は満杯になっていることと推察します。まっとうに生活していても経済的に余裕が無くて困っている人は多いはずです。ところが、借金に次ぐ借金を繰り返してしまい、巡り巡って闇金にまで手を出してしまったのでは、まさに生きた心地すらしないでしょう。
闇金業者による取り立ての大声であったり、返済催促のTELがかかってきて、居留守を使っても間髪入れず何度もかかってきたり、TELに出たら今度は、死んで保険金で払えと言われてみたり、TVドラマさながらのひどい光景を思い浮かべますが、現実にある実話なんですよね。
ですが、こんな嫌がらせは不法なので、怖いかもしれませんが言うことを聞く必要が無いんですよ。最初から、設定されている利率自体が違法なのですから。ただし、たった一人で闇金業者に相対するのは、相当な勇気と法律の詳しい知識が必要なので、シロウトには無理な話です。

しからばどのようにすればよいでしょうか?

それは、闇金問題の道のプロの弁護士や司法書士に、闇金業者の違法行為を止めてもらうようお願いをすればよいのです。
ほんの少しの勇気が必要ですが、司法書士や弁護士に電話をかければ良いのです。電話が繋がればしめたもの、今、自分の闇金との状態をかいつまんで話してください。メンツなんて全く気にしないでください。こんな感じです。
「闇金と思われるところから借金をしていて、高い利率で支払いが間に合っていなくて、毎日のように、非人道的な手段での取り立てを受けています」
という意味合いで、確実に伝えるだけでよいのです。電話の向こうの弁護士や司法書士は、あなたの言わんとするところをしっかりと読み取ってくれます。そして、明日からはウソのように取り立ての罵声が止みますよ。

夜逃げを考えるのはやめてください。死のうなんて駄目です、ヤメてください!あなたがやらなければならないことは、闇金問題を専門に扱っている弁護士や司法書士にTELして相談することなのです。強く認識してください。死ぬとか逃げるとかよりもずっと楽勝です。知らない人と話をするといった勇気だけが必要なだけです。思い起こしてください、借金した時なんか、知らない会社に行って知らない人と話をしていますよね。そのときに比べたら、今すべきことは、あなたの味方になってくれる人にTELするだけです。全然問題ありません。わずかな勇気で昔見た明るい明日を是非とも取り戻してください。

闇金被害を解決山口地裁周南支部