入院して二日後、幻覚体験をして院内を暴れていました。それを見ていた看護師さんが「おかしい」と思ったのでしょうね。主治医に連絡を入れていたものだから。マッキーも実際には見えない者と喋っていたものです。二日間幻覚と戦い、ようやく深い眠りに就いたのです。正気に戻ったマッキーは「何で入院しているのか」が分かっていなかったのです。

  • 宮ノ下駅・鉄道線@足柄下郡箱根町で妻の浮気調査が依頼できる探偵事務所
  • 三ヶ山口駅・水間線@貝塚市で旦那の浮気調査を探偵事務所で依頼
  • それから、今の主治医であるドクターAの所に行って診察を受けて「このままだったら、命の保障は出来ません。専門病院に入院しましょう」と言われて精神科の門を叩いたのです。これまで8回(6年間で)入退院を繰り返して、やっと落ち着いた生活が出来るようになりました。『アルコール依存症』は、どんなに優れた医者がいても回復する事は困難なのです。やっぱり当事者同士の分かち合いが必要と思います。それこそ自助グループに繋がる必要性があるとマッキーは思っていますよ。何も分かってない人は「酔っ払いの集まりだ」と思ってるようですがね。