夫婦の間柄で、どちらとも相手の振舞いが気になりだすきっかけがありますよね。折に触れては出掛けてみたり、事あるごとに車を使ってみたり、スマートフォンやガラケーを昼夜を問わず持っていたりと、気になるともうどうしようもないですね。
一度気になりだすと、ひょっとしたら浮気かもしれないと、何の証拠もないのに悶々としてしまって、安穏な日々を過ごすことがきびしくなります。こんな状況に陥ると精神的に疲れますので、興信所ないしは探偵社に浮気調査を任せるのがいいです。

ですが、ここのところ、テレビの報道番組の影響も有ってか、探偵社もしくは興信所が乱立する傾向にあるのです。何がいいのかというと、依頼者であるあなたに、予想もしなかった金銭トラブルがのしかかることになるのです。その傾向は、地域の個人の探偵社ないしは興信所に目立つようです。全国ネットで対応をする興信所ないしは探偵社では、目下のところそんな金銭トラブルを聞くことはありません。

もっとも目立つトラブルは、『成功報酬』を掲げている場合の報酬の定義がかなり間違っていることです。
本来であれば、『成功報酬』というのは以下の定義です。
1.料金は初回に合意し、その後は変わらない
2.証拠が取れなければ報酬も諸経費も¥0
3.証拠のレベルが「裁判でも勝てる」レベルである場合だけ報酬が発生

しかしながら、最近問題として浮かびあがる探偵社や興信所の独自理論は次のとおりです。
1.尾行だけ達成ならば、証拠を手中にできなくても成功として料金を取る
2.調査の結果が浮気無しだったが、報告としては成立するので成功として料金を取る
3.費用が日々の積算になっており、どんどん加算されてゆく。
夫の浮気の証拠を掴みたい二股 浮気調査 春日井市