便秘は大変ですよね。それが原因でなにがなんだか分からない症状で気分が優れなくなりますから、ストレスの一つにもなってしまいます。便秘はそのままにしておくと命にかかわる確率が高くなってきますので、ただちに改善をする必要があります。

以下では、便秘の際に見られる症状についてまとめました。
毎朝トイレがスッキリな体質改善にユーグレナ

肌あれ・吹き出もの

肌の手入れにはとりわけ気をつけていても、肌の調子に切れが無い感じになります。ツルすべお肌の調子は、腸の健康にかなり影響を受けます!

イライラ・不快感

腸の調子がよくないと「心の元気」も無くなり、もっと悪くなると精神的に不安定になることが多くなります。「出ない!」がストレスとなりさらに便秘を進行させることもあるのです。

肩こり・腰痛

大抵の場合は血行不良になりますので、疲労物質が蓄積しやすく、肩こりが痛くなったり、冷えやむくみがつらくなったり、生理不順の呼び水にもなってしまいます。

だるさ・疲労感

腸の具合が優れないと血行不良に限らず、栄養もうまく取れなくなるので、体がだるくおまけに疲れやすくなります。その結果動くのが面倒になって運動不足となり、便秘が一段と悪化するという負のスパイラルに陥ってしまいます。

腹痛・お腹の張り・食欲低下

おなかがパンパンに張り、おならの臭いが鼻につくようになります。これは便やガスがたまっているためで、その状態になると下から押された胃の働きも悪くなり、食欲もだいぶ減ります。
おまけに、便秘は「大腸がん」を引き起こすであるとも言われます。便秘をトリガーとして腸内で増えた悪玉菌が発がん物質を造りだすために、ガンを発症し易いとの研究結果です。さらに、便秘をすると腸内細菌のバランスが崩れるので、糖および脂質の分解吸収に影響を与えて、生活習慣病も発症しやすくなると言われます。その代表的な病気は以下です。
・高脂血症 /血液中のコレステロールや中性脂肪が過多になっている状態
・動脈硬化 /血管の内壁にコレステロールなどの脂質が付着して血流が滞った状態
・糖尿病 /血糖値を下げるインスリンの作用が低下し、常に血糖値が高い状態
そんなわけで、今日からさっそく便秘改善の行動を起こしましょう。