革長財布の人気ファクターはデザインのみならず、使っている革素材の丈夫さも影響を与えます。長財布に採用される代表的な革素材は●ブライドルレザー●マットーネレザー●コードバンレザーなどがあります。それぞれの革の特徴などを対比してみます。
まずはブライドルレザーから。実のところブライドルレザーは馬に乗せる鞍などの馬具を作るために英国が発祥の革です。牛皮を原料として、植物エキス由来のタンニンでなめした後、蜜蝋を何回も塗り込んで繊維質を固めることで耐久性を実現しているのです。
こういうふうに製造工程が複雑であるため、革の最終形までに5か月ほどかかるのです。そんな風にして完成した革は丈夫だけが取り柄でとても固く、縫製することが困難を呈し、熟練職人たちだけが持つ高度な技術が何をおいても必要となっています。
ブライドルレザーでできた財布は、使い始めの時期は革表面に少しだけ白い粉が現れますが、これは革に染み込んだ蜜蝋で気にしないでください。長く使っていると革表面にビックリすることに光沢がでて、見栄えのする革長財布に変わるのが特徴です。
次に登場はコードバンレザーになります。コードバンレザーはスペインが発祥で、毎年極わずかな量だけ生産される農耕馬のおしりの革です。馬のおしりと言えば鞭で打たれる部分がゆえに、その強度には感心します。さらに、微量であることが希少価値となり、「革のダイヤモンド」と呼ばれ重宝がられます。
牛革に比べ約3倍の強度を持つとのことですが、その革の質は牛革よりも柔らかく弾力があり加工しやすいとのことです。
コードバンレザーが素材の財布は、手に取った感触も柔らかで手になじみますが、その耐久性はうかがい知れません。革の表面には蜜蝋を吹きつける加工が施されていますので、使い込むほど光沢感が出て個性的な逸品に変化するのが特徴です。
機能的スタイリッシュで喜ばれる革長財布のバレンタインプレゼントならココ

ラストはマットーネレザー。マットーネレザーはイタリアが発祥で、生後6か月以内の仔牛の皮を用いて加工をした、とても軟らかな質感の革です。その製法は昔からの伝統的なもので、タンニンを使用してなめしたあと、時間と労力をかけて天然オイルを染み込ませています。加えて、卵白由来のカゼインを利用して加工することで、革表面に特徴的な光沢とつやを出します。
実は途中までの同様の革の加工で、最後に革にさらに柔らかさを持たせるためにほぐし加工を追加して、表面に出来上がる大量のシボが独特の革はミネルバボックスになります。
マットーネレザーで作られた革長財布は、柔らかく弾力のある手触りと革表面の適度なシワが持つ手になじみます。使ってゆくほど革の繊維がやわらかくなりこれがシワとなって、元来持つ光沢に加えて、独特な光沢が出る醍醐味がある逸品に変貌してゆくのが特徴です。