帝国データバンク調査から、防犯カメラ・監視カメラ関連会社158社を選びその経営状況を調べた模様です。それによれば、監視カメラ・防犯カメラの市場規模が日進月歩に伸びているという事実が明らかになったといいます。
市場拡大の背景としては、世界中を恐れ戦かさせるテロであったり、どこでも発生する意味不明な犯罪に、全国民でセキュリティに取り組む意識の向上が在るようです。
セキュリティーの手法の中でも犯罪を防ぐ目としてあれよあれよという間に、カメラの取り付けに視線が釘付けになってきました。2020年には日本において東京オリンピックが開催されることに当たって、セキュリティ対策強化の一環として、監視カメラ設置の普及が有力です。
そんな状況の中、監視カメラ・防犯カメラの市場伸展を狙う国内メーカーには、どのような目を引く動きが垣間見られるのでしょうか?キャノンは、業界世界最大手のアクシスコミュニケーションズ(スウェーデン)を買収したことを掲げました。国内家電メーカー首位のパナソニックやソニーにおいては、高詳密の監視カメラの開発を掲げています。
さらに、業種別の動向はというと、関連のメーカーや卸をする会社は当然のことながら業績が伸びています。おまけに、その他にも「建設業」・「サービス業」でも業績が伸びているんです。
まずは、建設業では、監視・防犯カメラの取付工事を手掛ける配線工事業者や電気通信業者が恩恵にあずかっているらしいのです。「サービス業」において業績が伸びている作業内容としては、防犯・監視カメラネットワークシステムの開発業、システム+ソフトウェアの開発業、監視・防犯カメラのリース業やレンタル業といったところが業績を伸ばしています。
意外と防犯カメラ設置に効くサイトはココ

最後に、監視・防犯カメラ関連業者の分布を全国のパーセントで見た場合に、関東地方に48%、中部地方に14%、近畿地方に16%という分布結果だったといいます。人口が多い3大都市圏に全体の80%ほどが集中していることがわかりました。加えて、次に関連業者が多いのは九州の11%となっています。