帝国データバンクの情報によれば、監視カメラ・防犯カメラ関連会社158社の経営状況を調べたそうです。その概要によれば防犯カメラと監視カメラの日本市場が飛躍的に拡大していることが明白になったといいます。
その理由として考えられるのは、世界中をおののかせるテロ行為であったり、所かまわず発生する理解しがたい犯罪に、国際的なセキュリティというものへの意識の向上が在る様です。
そのやり方の中でも犯罪の証拠を監視する目として急速に、カメラの取り付けに関心がもたれるようになってきました。2020年の日本の東京オリンピック開催においては、セキュリティ対策強化のひとつの策として、監視カメラ取り付けの伸展が見込まれています。
防犯カメラ設置の無料見積もりなら信頼のココ

そのような状況において、防犯カメラ・監視カメラのマーケット伸張を狙う国内メーカーには、どのような際立った動きが垣間見られるのでしょうか?キャノンは、防犯カメラ業界世界最大手のスウェーデンのアクシスコミュニケーションズを買収したことを公表しました。国内家電メーカートップのソニーやパナソニックにおいては、高緻密の防犯カメラの開発を発表しています。
それでは、業種別の動向の詳細はというと、関連のメーカーや卸をする会社は当然のことながら業績が拡大しています。おまけに、その他にも「サービス業」・「建設業」でも業績が伸びているんです。
加えて、建設業では、防犯・監視カメラの取付工事を手掛ける電気通信・配線工事業者が恩恵にあずかっているらしいのです。そして、「サービス業」で業績が伸びている作業内容としては、防犯・監視カメラネットワークシステムのデベロップメント、システム+ソフトウェアの開発業、監視・防犯カメラのリース業やレンタル業などの業種が業績が上がっています。
そして、防犯・監視カメラ関係業者の分布を割合で見た場合に、関東地方に48%、中部地方に14%、近畿地方に16%という分散結果だったといいます。3大都市圏は人口が多いためか、全体の80%ほどが集中していることがわかりました。加えて、次に防犯カメラ関連業者が集中しているのは九州エリアの11%となっています。