ナースと聞いて真っ先に想像できるイメージとしては人によっていろいろでしょう。世間一般な感じで言うと「憧れの職を手にした」「ヤリガイのある仕事だ」「なんでもできる女性」などといったイメージがほとんどなのではないかと考えられます。
実際にナースの賃金の金額は概算でどれだけなのでしょうか?夜勤ありなしの条件で差がありますが看護師収入は一年間で「430万円~480万円」くらいだと聞きました。月給として毎月もらえるで約27万円~30万円にさらに加えて6月と12月に支給されるボーナスの足し算で算出される金額です。
看護師とひとくくりで言っても経験、労働条件、資格などにより様々ですが、必要な資格とスキルと言えばまず正看護師・准看護師などの国家資格とか看護師として勤務した実務経験とか対患者さん、対病院内スタッフのコミュニケーション能力の有無でかわります。
そして実際に身につくこと・キャリアアップとしては、実務しながら経験を積み上げ、それとさらに自分がやりたい看護の専門分野が決まってきます。
自分自身のなりたいと言うその分野の道筋に乗ることによりさらに専門的なステップアップを叶えることも出来るようになります。同じ看護分野でも自分が思う専門分野を極めることで、更なる月収のレベルアップに繋がります。
美容外科の看護師求人情報はここ

さて、看護師における男女比率は約9対1とほとんど女性が締めています。過去13年間における平均年収の変化を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であったのに対して平成25年(2013年)で約472万円ということから過去から年収はほぼ変化がないという解釈です。
平均時給では1966円の約2000円近い時給で実務を遂行していることから、それだけ看護師という業種は安定しており、さらに追記すると、人の命を預かるというこの世に必須の仕事と一目置かれます。
まとめると、自分のマスターしたい専門分野やレベルアップを目指して慎重な職場選択術を身に着けることを推奨します。そのためには看護師転職サポートサイトなどを活用しないと損をします。たくさんの求人情報が閲覧でき、心配事があればすぐに相談ができます。