ナースと聞いて真っ先に想像できるイメージとしては人によっていろいろでしょう。一般的な感じで言うと「大切な職業に就いた」「頑張りが必要な仕事」「頼りになる天使」などのイメージが多数派かとすぐに想像がつきます。
実際にナースの賃金の金額は概算でどれだけなのでしょうか?夜勤あり・なしなどの勤務条件で当然変わってきますが平均的な看護師年収は「430万円~480万円」のようです。月給となる約27万円~30万円と年に2回もらえるボーナスを合わせた額になります。
看護師と一括りで言っても資格、経験、労働条件などがいろいろですが、活かせる資格とスキルと言えばまず正看護師・准看護師等の国家資格やその他には看護師として働いた実務経験や病院内におけるコミュニケーション能力の有り無しが問われます。
そして実際に身につくこと・ステップアップの方向としては、実務経験を積み重ね、そしてさらに自分のやりたい看護という仕事の分野が見えてきます。
自分自身のなりたいと言うその分野の道筋に乗ることによりさらに専門的なステップアップを目指すことも可能です。同じ看護の内でも自分が進みたい専門分野を極めることが、更なる年収のレベルアップに繋がると思われます。
さらに、看護師における男女比率は約9:1とほとんどが女性であると言えます。過去13年間における平均年収の変動を見てみると平成13年(2001年)では約480万円であった数値に対して平成25年(2013年)で約472万円であることから過去と比べ年収はほとんど変化していないという解釈です。
平均時給では1966円の約2000円近い時給でもって実務をこなしていることから、それだけ看護師という職業は安定しており、さらに言うと、人命にかかわるという絶対必要な仕事と一目置かれます。
結局、自分の進みたい専門分野やステップアップを目指してかしこい職場選びを祈ります。そのためには看護師求人サポートエージェントなどを活用しないと損をします。厳選の非公開求人情報も無料で閲覧でき、心配事があればすぐに相談ができます。
総合病院看護師求人情報はここ