よく人に思い込ませる手段として使われる有名な話があります。
それはコップに入った水の話です。
あなたの目の前に水が半分まで入ったコップがあります。
そのコップの中に入っている水は半分までしか入っていないのか半分も入っているのか。
という話です。
これはどうこたえるかによってその回答者の物事のおおよその考え方がわかるのです。
おおまかな分類ではあるのですが、前者の場合回答者はネガティブ。
後者の場合回答者はポジティブといった具合です。
私個人の考え方では人は皆後者の考え方でいるべきだと思います。
前向きでいることはとてもいいことです。
何気ない日常に幸せを感じることができるでしょうから。
きっとそういうものが幸福度というのでしょう。
旅行,ホテル,予約の申し込みはこちらから