今日、先日のガイヤの夜明けの録画を観ていたら、セブンイレブンの地域密着型の戦略をやっていました。

冒頭に出てきたのが、大阪のセブンで親子丼の弁当を全国共通の物から大阪独自の物に変えたら売り上げが上がったとのことでした。どうも関西の人には全国共通の味が受け入れられにくいからだそうです。

同じように日本の地域をいくつかに分けて商品開発をしていく方針に変えたとのことでした。
次に出てきたのが日本で最も味噌を使う長野県の事例で松本のセブンの商品を地元密着の物にしようという試みでした。

商品開発担当者がセブンのオーナーの自宅に訪問し色々試食した上で茄子と味噌の炒め物を出そうとしたのですが、地元の協力会社の人に試食してもらったら辛口のコメントが返ってきて再度練り直しました。

その後、コクのある上品な味噌を使うことで合格点をもらい商品化したという話題でした。


Leave a Reply

Your email address will not be published.

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>